徳島市一宮町 僧都谷川土砂撤去工事

今日は徳島市一宮町の僧都谷川での土砂撤去工事のご紹介です。

約1年前に排水施設改良で護岸擁壁等を造ったところです。

 

今年は川底に溜まった土砂撤去と、山側からオーバーハング状に

伸びてきた木や竹の伐採が主な作業となりました。

 

まずは施工前。こんな感じで土砂が溜まったところに

草が生えてきています。一旦溜まると、そこに流れてきた

土砂やゴミがさらに引っ掛かり、加速度的に増えてしまいます。

雨の増える季節を前に撤去してしまいましょう。

 

オーバーハングはこんな感じ。水路内に垂れ下がるものは

流量が増えた時にこれまたゴミ等引っ掛けてしまうので

長すぎるものは伐採です。

 

そして作業。昨年同様の慣れた形ですが、

事故のないよう周辺に注意して行います。

 

大変だったのが伐採。竹などは水路を越えて

道路上にまでかかっているものもあり。

意外と朝夕は車通りも多いので気を遣います。

 

そして完了。

ウグイスの声が聞こえる、春を感じながらの作業でした。