APEX-10 人参テスト 続報

APEX-10散布を行った人参の途中経過です。

昨年11月5日播種の圃場がだいぶ育ってきたようで、

2月22日(猫の日)に試しに抜かせてもらって、

外観比較&糖度の測定を行いました。

 

だいぶ育ってきましたね。左側が散布畝です。

見た目的には全然違うやん!ってほどの差はないですね。

気持ち散布畝のが育ちいいかな~というか。

 

とりあえず手が届く範囲で抜いてみた

非散布(左)とAPEX散布(右)の人参です。

散布のは茎から太いのと、実のほうも大きく長いですね。

 

続いて葉の成長がAPEX散布サンプルと同じくらいのを

選んで非散布区(別畝のトンネル)から抜いて比べてみました。

これも左が非散布ですが、葉の成長と実の大きさは

概ね比例する感じですね。

 

糖度については成長度合いが同じくらいの

後者サンプルを使って比べてみました。

 

まずは非散布サンプル。携帯変えたら上手く撮れなくなり…

目視確認ですがだいたい7~7.5度くらいでした。

 

続いてAPEXサンプル。これもカメラのせいなのか

糖度計が安物なのか、境が不明瞭…

デジタル欲しいのですが高いですよね…

まあ目視確認で8.5~9度くらいに見えました。

 

徳島の人参の糖度は最盛期には8~10度に

なるそうで(参考)、収穫まであと1カ月程度を

残して中々の数値ではないのかなと。

 

人参の価格も低調が続いているそうなので、

差別化できる結果が欲しいところです。